外国人に訪日してもらうことで、彼らに真の日本を知ってもらえます。日本に滞在することで、自国で抱いていた日本に対するイメージが覆されたという外国人旅行者は少なくありません。日本に対する理解の深い人や好意を持ってくれる人が国際社会に増えることで、日本の国際的地位はより確固としたものになるでしょう。日本の行動を支持する人も増え、国際政治における日本のプレゼンスが増し、ソフトパワーが増大するのです。他方、受け入れる地域はといえば、自分たちの資源を海外の人に称賛されると誇りが生まれ、愛着が育まれます。

 インバウンドの意義としては他に、日本人の国内旅行に頼らなくても描けるツーリズムがあるのだと認識できることが挙げられます。マスツーリズムの時代にあっては、旅行会社の企画に多くの日本人が吸い寄せられ、バブル経済も手伝って、国内旅行者数は増加の一途を辿っていました。しかし減少傾向に転じて以降、増加する見込みはなく、総人口そのものも少子化の煽りで減り続けています。マーケットの目線が外国人旅行者に向くのは必然だともいえるのです。

 さて、インバウンドは現在、国にとっても、産業にとっても、地域にとっても、可能性と輝かしい将来をもたらすものに成り上がっています。確かにメリットは甚大で、慎重に育てるに値する事業ではあるのですが、光には常に影が付いてまわります。外国人旅行者が増えることで、日本の治安が悪化するのではないかと心配する人も少なくありません。訪日人数の増加に伴って、旅行者の滞在資金を目当てに日本に入り込む悪徳業者もあるでしょう。また旅行客を喜ばせるために、国内のサービス業の担い手は、様々な犠牲を払っていることも事実です。

インバウンドの現在

↓↓ ChEcK ↓↓

インバウンド集客